ダイエットにリバウンドはつきもの?




ダイエットをする際にリバウンドは回避したいものです。ダイエットをやめる時期をよく考えないとな。。。という理由はどこにあるのでしょう。
もともと体に備わっている防御反応、生命維持装置が働くためです。命を保つことが難しくなった時は、人の体はそんな中でも持ちこたえようとするのです。ダイエット中に訪れる停滞期やリバウンドもに防御的な反応の1つと考えられています。食糧が乏しい状態で遭難をしても、思いがけず何日も生き続けていたという人が新聞やテレビを賑わすことがあります。身体の生命維持装置が働いたおかげとも言えます。
ダイエットをしている人は遭難者と同じような体内環境になっていると考えられます。ダイエット中は、摂取される栄養量が変わります。そうすると、体はあまりエネルギーを使わずに生命活動を営もうとするわけです。栄養不足を察知した体は、カロリーを燃やしてエネルギーにする作用を小さくし、体脂肪を増やそうとします。体内のカロリーをできるだけ減らさず、入ってくるカロリーはできるだけ貯め込みたいという時にダイエットを中断すると、リバウンドは確実です。
結果としてリバウンドが起こる原因となります。ダイエット時における停滞期やリバウンドは生命の安全を守る為の身体に備わった正常な仕組みなのです。停滞期が続いたり、リバウンドが起きたりすること自体は、体が正常な反応を示していることを現していますので、それらを踏まえてダイエット内容を考えましょう。







ダイエットをやめる時期をよく考えないとな。。。